3つの側面から英語力を引き出す

エンデランカレッジは
ENGAGE ・ STUDY ・ ACTIVATE
の3つのアプローチから効率的な英語学習方法を提供しています。

ENGAGE
生徒のモチベーションを引き出す

同じ授業を受講していても学習者が「受動的学習」、「能動的学習」を行うかによって英語の上達速度は異なります。エンデランでは、授業や課題に積極且つ自主的に取り組んでいけるように、教員が生徒のモチベーションを引き出すようにコースや授業で生徒一人一人の目標設定を行い、能動的な学習方法を身につけることができるように指導します。

STUDY
英語のルールを学ぶ

言語の四技能である「Listening」「Reading」「Speaking」「Writing」をマンツーマン授業やグループ授業で学習します。教員や生徒との授業や対話から、文法、語彙の意味などの総合英語力を身につけます。

ACTIVATE
実践的な演習で応用する

この段階では、学生が言語を使用するための実践的な演習を行います。日常生活で必要なスーパーでの会話(初級レベル)から、新聞記事などを読み自分の意見の発表(上級レベル)まで様々なシーンを想定し、英語力向上を目指します。

生徒のレベルに合わせた授業

①True Beginner

生徒の言語スキル(四技能「読む」「話す」「書く」「聞く」)を学び基礎英語力を向上させる必要がある。

②False Beginner

英語の基礎知識のあるレベル。スピーチ練習や文章構成、様々な語彙の取得を行う必要がある。

③Pre- intermediate

正確な英語表現や構成などを使い、会話やライティングでコミュニケーションを行うことができるレベル。

④Intermediate

英語構文などを深く理解しており、英語でスムーズに対話できるレベル。専門性のある英語の語彙や文法を学ぶ必要がある。

⑤Higher Intermediate – Advanced

専門性のある英語の語彙の基礎知識や、学術的に完成されたライティングスキルがあるレベル。海外への大学や大学院進学、海外での就職を目指します。

※短期間学部授業は③Pre- intermediateレベルから参加可能。
※単位認定可能な学部授業は④Intermediateレベルから参加可能。